どうしてひたいを出すことがコンプレックスになるのか

ひたいを出すことをかたくなに拒絶して、いつも前髪でおでこを隠したヘアスタイルから抜け出せないという人がいます。本当は前髪を上げればとてもきれいな形のおでこなのに、本人はひたすらコンプレックスに感じているというケースもあります。自分の容姿のコンプレックスというのは、人から指摘されるというよりも自分のかなり強い思い込みによって生まれるケースが少なくありません。もちろん第三者からの何気ない一言が原因でコンプレックスを抱えてしまうことが多いとしても、実は指摘したほうはあまり深く考えていないものです。だから、本来はそんなコンプレックスに感じる必要がないにもかかわらず、自分はこうなのだ・・・と思い込んで、せっかくの魅力を半減させてしまう人もいます。でも、見方を変えればコンプレックスだったことが大きな魅力になることもあります。

ひたいがが広い、または狭いという悩み

前髪でいつもおでこを隠した髪形をしている人に多いのが、おでこが広すぎる、または狭すぎるといった悩みです。人の顔かたちはそれぞれなので、当然おでこの形にも個性があるのですが、美しく理想的な形のおでこじゃなければとても人前で出せないなんて考えるのは、ちょっと自分に厳しすぎるし、はっきり言ってばかばかしいと言えます。自分が憧れる顔立ちと自分の顔立ちが全く違うからと言ってコンプレックスに感じる必要はもちろんないし、おでこが広ければ広いなりに狭ければ狭い人に似合う髪型は必ずあります。例えばおでこが広い人が額をオールバックにして出そうとすると、確かにおでこの広さが強調されてしまいますが、斜めにすっきりと流す前髪にすればとても知的でクールな印象になります。そして反対におでこが狭いのが悩みだという人は、ポンパドールなどのボリュームのあるアップスタイルにするととてもキュートに見えるものです。

ひたいにしわがよるので出すのが嫌だという悩み

おでこの形ではなくおでこに横じわがよっているのが嫌で出すことができないという人もいます。これはおでこの脂肪と筋肉とおでこの幅が関係していることが多いのですが、普通の状態のシワなら、たとえば眉毛が動かないように指で押さえた状態で瞼を開けたり閉めたりするトレーニングをするとおでこのシワの解消につながると言われています。でも、生まれつきの骨格によってできてしまうシワは、残念ながらトレーニングだけで解消するのは難しいのですが、そんな時でも無理に前髪を下して隠そうとするほどコンプレックスは際立ってしまうものです。それよりも前髪を長く作って横に下げる感じにしておでこを出すと、顔の前面に動きも出て視線がおでこのしわに集中するのを防ぐ役割をしてくれます。コンプレックスは根本的に解消できないものは、どうすれば視線をそらせて目立たなくできるかと考えればヘアスタイルのバリエーションも広がります。

出っ歯、口元突出の改善ゆがみ改善など、釣り合いの取れた理想の骨格形成に導く美容外科手術。 レントゲンデータから実物大3D骨模型を作成します。 Vライン輪郭手術で美しい下あごを形成できます。 数々の美容外科での勤務実績。 経験豊富な看護師と専属の麻酔医師が医療を支えます。 上下の噛み合わせが逆になってしまう「反対咬合」でお悩みの方は必見です。 ひたいを出す施術についてはこちら